スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

二回目TOEFLたぶん惨敗…

2011-05-15
なめてたというのが反省かな。そんなつもりはなかったけど、三ヶ月ぶり、二回目の受験で、それなりに、でも真剣にではなく、準備をしたので大丈夫かと思ってたらダメだな、こりゃ。先にあるGMATのことをやたらに気にしてて、TOEFLを軽視してたのかも。

リーディングは、時間との戦い方に慣れてない!家で、そんなに時間を気にせず、しかも紙で解いてるだけじゃ全然ダメだね。

リスニングは、冒頭で話のテーマがいまいちつかめないと、ガラガラと崩れる。本番を想定した準備不足だと思う。

スピーキングは、めちゃくちゃ対策したわけでもなく、問題形式を把握したというだけではあるけど、前よりはマシになった感じはある。

ライティングはアホなミスをした…。Integratedの方の時間をきちんと見てなくて、内容ばっかを考えてたら、書き終わらないうちに終わってしまった…。アホすぎる…。Independentもなんか冴えなかったし。

メモ
って、昨日、途中まで書いてて、途中で続き書くのをやめちゃってたよ。だから、ここから上は昨日の受験直後のこと。ここから下は一日経ってから。

次は一ヶ月後。というわけで、外に出てきて、これからやることを整理してる。

LとRはとにかく問題慣れ。いまだにOGも一周できてないんだからヤバいよな。両方ともかの有名なDeltaも持ってる。Lは一度、だいたいやった感じで、Rは手つかず。見てみると、なかなか良いテキストだから、Rもきっちりやってみよう。Lは曖昧だったスクリプトの理解も含めて復習。その後OGかな。テスト直前はOG付属のソフトとか、TOEFL Online Practiceなんかで、本番慣れをしよう。特に時間感覚を身につける。形式がかっちり固まってる試験なんだから、頭で形式を理解して、その後とにかく形式を体に入れ込むために問題を解きまくる!時間なんて余らせてやるぜっ!

SとWは、いま手元にある手段を使いこなして、やっぱり目的はLやRと同じく体にたたきこむ!Sは表現暗記と弱点のリテンションのなさを克服するべく、TOEFL対策とは別にリプロダクションのトレーニングをやるんだな。今まで頭偏重の英語学習だったから(だって、それはそれで面白いんだもん)、今後は筋肉重視に!ついでにたるんだ体も筋肉重視に!ガーン

これ以上細かい計画は、きちんとまとめよう。
スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。