スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

GMAT本格開始

2011-10-16
今月に入ってGMAT対策を本格的に開始。

Knewtonのスタディガイド(リンク先の右側のフォームに入力するとPDFで見られる)を見ると3ヶ月のモデルスケジュール(無料だけあってかなりザックリしてるけど)が載っていて、アドバイスとしても「全部のパートを満遍なく、平行して進めていきましょうね」みたいなことを書いてある。

とはいえ、FEC木下さんのアドバイスに従い、まずはMath。そしてSCという「知識系」のパートを先にということで、今のところその通りにやっている。

マスアカは今日中に1冊目を一通り終わらせられそう。しかし、かなり忘れてるな、数学…。当然ながら一周なんかでは全然足りないので、10月中に二周目+OG(マスアカの「本教材の使い方」に書いてあるとおりに)をやって、できればマスアカ自体の三周目に入れればいいかな。

ただ、10月最終週の日曜は久々のTOEFLだから(ETSに貢ぐのはイヤだけど、定期的に受け続けていくことにする)、その週はちょっと数学は抑えめにということで、11月最初の祝日も使って、11月の最初の週には三周目を終わらせる予定。

その後、どうするかは思案中。選択肢としては、

・OGをガシガシ解く
・もう少し参考書っぽいものを解く
 →時々評判を見るGMATHとか、Manhattanのシリーズ辺り

という感じかなと。

SCはWlimitのSC版を移動中とかに目を通して見てたんだけど、なんとなくくどい感じがして、まずは問題にあたってみようと思い、12thよりは簡単といううわさのOG 10th(日本のアマゾンだとぼったくりな値段になってるけど、ドルも安いし、Amazon.comで買えばまぁまぁ普通の値段で買える)のSCを、一応時間も気にしつつ、ぼちぼち解いている。

SCはとにかく形に意識を集中するというのがツボなのかなぁと思っているけど、たかだかまだ数十題しか解いてないのでわかんないけど。

勉強し始めで、これからどんどんと現実に直面して「うがー!」となっていくんだろうけど、GMATはマジメに文意を理解して、頭からおしりまで丁寧に問題文を読んで…とかじゃなくて、「要は、これって何聞かれてるの?」を見抜くのが大事なのかなぁと感じてる。

なるべく短期間で終わらせられるとうれしいのと、TOEFL同様なるべく予備校には頼らずいきたいので、ネットで色んな人の意見を参考にしながら進めているところ。

特に参考になったのは、INSEADのtomoさんのこのエントリー↓。

・夢、モラトリアム、時々おとな@INSEAD GMATもろもろ。
http://yumemora.blog54.fc2.com/blog-entry-168.html#more

教材とかも具体的に紹介してくれているので参考になる。

自分もなんとかクリアしてINSEAD行くぞ!
スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。